lvd4
イメージ画像

画像提供者: 長尾景虎(P.N)
ブログ: 飯田健治のあれもこれも。

不景気の煽りで右肩下がりの傾向にある外食産業を尻目に、105円均一の回転寿司が急成長しています。

回転寿司には「均一型」と「グルメ型」の二種類の業態があります。
市場規模で見てみると、過去10年間で、均一型は3倍以上に急成長したが、グルメ型は殆ど伸びていません。
値段を比較してみると、均一型はマグロの大トロでも一皿で150円を切ることは無いですが、グルメ型では、300円~500円はします。

回転寿司は家族連れも多いため、不景気だと言われる中、均一型が急成長するのも頷けます。
寿司ネタの値段を気にしない子供と一緒に行っても安心できるという親の心情が大きく働いているのでしょう。

その中でもスシローの安さは一際目立っていて、マグロの大トロでも一皿で105円です。
しかも、質を落とさずにです。

その結果として、2009年に外食部門で顧客満足度第1位を獲得し、更に105円均一の寿司チェーンの売り上げでも、ずっと1位を獲得していた「かっぱ寿司」を2010年に追い抜き、1位になりました。

では、何故スシローが他の105円均一寿司チェーン店より、良いネタが出せるのでしょうか?

それは一言で言えば企業理念の違いです。
スシローでは「うまいすしを、腹一杯」を企業理念としていて、顧客満足度を徹底的に追求しています。

他社が原価率40~45%程度に抑える中、スシローの原価率は50%で、寿司1つのネタに投下できるコストが違います。他社との原価に投資する差異は数十億円となり、それが顧客満足度に繋がるのでしょう。

投資の詳細に関しては、他チェーン店では新幹線が寿司を運んできたり、5皿食べるとルーレットが回ったりなどの家族連れに好評なアトラクションに力を入れています。
しかし、スシローはその辺りに投資をすることはなく、しかも店舗や本社は質素ですし、社長室すらありません。
これは以前、寿司職人であった社長ならではの“こだわり”と考えられます。

また、仕入部、店長の目利きが確かな上に、それが業者に知れ渡っているので、「まともなネタ」を仕入れることが出来、更に※1ボリュームディスカウントにも強いです。

そしてスシローが支持される最大のポイントは寿司ネタの新鮮さにあります。
スシローでは、※2セントラルキッチンを設置していないため、必然的に提供直前に調理する比率が高くなり、いいネタをいい状態で提供することが出来ます。

少子高齢化、不景気が進む中で、よりわかりやすい「お得感」を求める日本人が増えてきています。
「うまいすしを、腹一杯」をモットーに、徹底的にネタにこだわるからこそ、顧客満足度を維持できるのでしょう。

※1ボリュームディスカウントとは - はてなキーワード
※2セントラルキッチン - Wikipedia

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!