4人が誤認逮捕される事態にまで及んだ今回のパソコン遠隔操作事件。
この事件に関連して、何かとお騒がせな話題の多い巨大掲示板「2ちゃんねる」では、遠隔操作し犯行予告を出したとして逮捕された片山祐輔容疑者(30)が、同掲示板生まれの架空の人物“ゆうすけ”のイメージに酷似していることから、人気者に祭り上げられている。

中には「誤認逮捕の可能性もあり得る?」というような話題まであり、ネットでは様々な憶測が流れています。
2ちゃんねる: 【PC遠隔操作】片山容疑者「真犯人は別にいる」と供述

今回の一連の事件は、以下の3点がポイントになると思われる。

1.PCにウィルスソフトの痕跡があった。
2.雲取山・江の島に行ったことを認める。
3.携帯の画像データー削除の痕跡。

また平成17年には、大手レコード会社社員への殺害予告事件で逮捕された前歴もある。

一連の遠隔操作の仕組みについて。

匿名化ソフト(※1.Tor)を使い、掲示板に命令を書き込む。
lvd35
※1.ウィキペディア: Tor

ウィルスに感染したPCが、自動的に命令を読み取る。
lvd36

目的の掲示板などに犯行予告を書き込む。
lvd37

おまけ
lvd38
イジリー&エハラー的な片山容疑者の学生時代・・・ (;.;:゜Ж゜;:)ブッ!

この事件の真犯人はいったい誰なんでしょうね。
警察の立場的には、威信にかけてでも立件し、起訴に結び付けたいところだろう。

ハッカーの手口 ソーシャルからサイバー攻撃まで (PHP新書)

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!