東京・吉祥寺の路上で女性が殺害された事件で、逃走していた18歳の日本人少年が3日、強盗殺人の疑いで逮捕された。

警視庁によると、少年は犯行後、吉祥寺駅近くの三鷹台駅から電車を乗り継いで、立川方面へ逃走したことがわかっていた。少年は警視庁の調べに対し、「電車に乗る前に包丁2本を駐車場脇の空き地に捨てた」と話しているという。

少年はその後、立川市と隣接する日野市のJR日野駅で電車を降りた後、日野市の知人宅に潜伏していたということだが、2日夜、知人数人に付き添われて警視庁日野署に出頭した。警視庁は、この知人宅から、山田さんのものとみられる財布と手帳を押収している。

≪ 2013年3月3日 日テレNEWS24より引用 ≫

警視庁では更に詳しい動機を調べているとのことだが、亡くなった“命”が戻ることは無い。
「金欲しさでやった」と語る少年・・・
お金よりもずっとずっと重い“命”、このような軽率で痛ましい事件を未然に防ぐためにも、日本社会のあり方を根底から見直す必要がある。

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!