東京・吉祥寺で女性が殺害された事件で、逮捕された18歳の少年が出頭した際、持っていたバッグに脱法ハーブの袋が入っていたことがわかった。

吉祥寺の路上でアルバイト・山田亜理沙さん(22)を刃物で刺して殺害し、財布などを奪ったとして、ルーマニア国籍の少年(17)と日本人の少年(18)が警視庁に逮捕された。日本人の少年が出頭した際に持っていたバッグの中に、脱法ハーブの袋が入っていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

≪ 2013年3月5日 日テレNEWS24より引用 ≫

別の情報によると、逮捕された日本人の少年(18)は昨年ごろから脱法ハーブを吸うようになり、友人らにしばしば購入資金を借りていたという。
警視庁は、「金がほしかった」と供述している少年らの動機に脱法ハーブが関係している可能性もあるとみて、袋の中にわずかに残る植物片の鑑定を進めている。

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!