出身地別に見た人の性質や嗜好の傾向を取り上げたテレビ番組などで、すっかりとお馴染みになった「県民性」という言葉。
なるほど、と頷けるものや、それはどうかな?というものまで色々とあります。
そのような中、新刊JPニュースで興味深い書籍が紹介されています。

これまでにもさまざまな県民性が語られてきましたが、感覚的で、根拠という点では乏しいものがほとんどでした。
その県民性を、統計学の手法から導き出された根拠のあるものとして紹介しているのが『47都道府県ランキング発表!ケンミンまるごと大調査』(木原誠太郎、ディグラム・ラボ県民性研究会/著、文藝春秋/刊)。
今回は本書の中から、恋愛・結婚にまつわる「都道府県ランキング」を取り上げてみます。

■岩手県民は「不倫OK」?
「不倫」というキーワードで各都道府県民の嗜好を見ると、際立っているのが岩手県民の不倫への寛容さです。
不倫経験者の率は全国平均(23.3%)を大きく上回って1位(32.8%)。不倫をされても許すと答えた人の数も1位に輝いています。
ちなみに、不倫経験者の率は2位が島根県(30.8%)、3位は高知県(28.0%)、最も低いのは愛媛県(16.6%)となっています。
32.8%というとほぼ3人に1人。岩手県民は結婚に縛られず、自由な県民性といえるのかもしれません。
余談ですが、「結婚満足度1位」だった高知県がここでも上位に入っているのがおもしろいですね。

≪ 2013年3月21日 新刊JPニュースより引用 ≫

心理テストや趣味嗜好、恋愛・結婚事情・健康状態などあらゆる分野にわたる225問の設問を3万人以上のモニターに実施したアンケート結果を心理学統計に基づき分析、まとめ上げられたこの書籍は、確かな説得力と根拠がありそうです。

プライベートや仕事に生かしてみると面白いかも知れませんね。

47都道府県ランキング発表! ケンミンまるごと大調査

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!