浙江省杭州市の「都市快報」の報道によると、同市余杭区の警察は15日、市民からの通報を受け駆け付けた区内のある道路際の花壇で、女性の死体を発見。死体の横には、スペードの5とK、ダイヤのJの3枚のトランプが落ちていた。

同警察は同日午前8時29分、「同区の世紀大道良熟村の道路際にある小さな池の近くに、女性が倒れており、すでに息をしていない。左腕に大量の出血の跡がある」との通報を受けた。女性は25歳くらいで、身長158センチ。金髪のロングヘアーでパーマがかかっており、左鼻にはピアスの穴がある。ピンクのジャケットに白黒のマフラー、黒のストッキングを着用し、右手の人差指にシルバーの指輪をしていた。左手の親指と人差し指の間にはタトゥーが入っている。

同警察はすでに、情報提供を求める張り紙を2万5000枚以上張り、逮捕につながる有力情報提供者には、1-2万元(約15-30万円)の懸賞金を提供するとしている。ただ今のところ有力な情報は得られていない。

同警察は23日、当時の現場の状況について、「死体の横には、スペードの5とK、ダイヤのJの3枚のトランプが落ちていた。トランプの裏は赤と白のチャック模様」と発表した。同トランプに関する調査を担当する許・警察官は、「3枚のトランプは事件と直接関係ないかもしれない」としながらも、「犯人検挙のためには、どんな小さな手掛かりも見逃すことはできない。万が一、犯人の手掛かりが残っていれば、逮捕のための有力な証拠となる」としている。

≪ 2013年3月25日 人民網より引用 ≫

謎のトランプ3枚と殺害された女性の写真
lvd176

謎のトランプ3枚は、ネットユーザーの想像力をかき立て「“KJ5”は携帯の1つのプッシュボタンに集中している。犯人の情報は被害者の携帯に隠されており、そのボタンを押すと重要な手掛かりが出てくるに違いない」など、事件を分析したり“気になる”点を上げたりする書き込みが次々に寄せられているようだ。

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!