剛力彩芽(20)主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」(月曜後9・00)の最終回が25日に放送され、平均視聴率が8・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが26日、分かった。

14・3%とまずまずのスタートを切った同作。第2話以降は10%~12%台を上下していたが、最終話で2009年6月22日に放送されたSMAPの中居正広(40)が主演した「婚カツ!」第10話で記録した8・8%を下回り、月9史上最低となる8・1%を記録した。全11話の平均は11・3%だった。

≪ 2013年3月26日 スポニチより引用 ≫

アンチ剛力彩芽にとって格好のネタとなった今回の低視聴率。
ゴールデン枠連続ドラマ初主演となる剛力には、女優生命を問われる現実だろう。

剛力彩芽写真集「滴~Shizuku~」

剛力彩芽 カレンダー 2013年

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!