3月26日、文部科学省が公表した教科書の内容が結果として、菅直人元首相の汚名を残す事となった。

「歴史に名を刻みたい」――在任中、そう豪語していた菅直人元総理の希望が叶ったようだ。

今年度から使用される歴史の教科書に、彼の名前が記載されたのである。

しかし、その内容は、彼の望んだものとは少し違うかもしれない。「震災処理の不手際もあって総辞職に追い込まれた」などと、菅内閣の政策に対し、かなり厳しい評価が下されているからだ。

≪ 2013年4月1日 TomoNewsJPより引用 ≫

これに対してネットユーザーからは次のような声が挙がっている。

■菅の総辞職に関する記述とかいらねーだろwww

■人世、腐ってもこういう歴史に名を残したくないね。

■まだまだ甘いだろ 原発を爆発させた男 菅直人

■汚名挽回できてよかったじゃんw

■日本史上、最低最悪の総理大臣の称号は確実。

■念願かなって歴史に名を刻めてよかったじゃないか

このように酷い言われよう・・・。
「歴史に名を残したい」と公言していた菅元首相だが、永久に消えない汚名を残す結果となった。

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!