北朝鮮が2日、寧辺の黒鉛減速炉を再稼働すると表明したことに対し、関係各国では、実際に稼働措置に踏み切るのか注視している。

2日、朝鮮中央テレビは「(6カ国協議の合意で)稼働を停止していた黒鉛減速炉を再稼働させる」と報じた。

再稼働は、北朝鮮の原子力総局の報道官名で発表したもので、2007年の6カ国協議の合意に基づき稼働を停止していた寧辺の黒鉛減速炉だけでなく、そのほかの核施設を稼働させると表明した。

≪ 2013年4月2日 FNNニュースより引用 ≫

この表明に対して韓国は、これまでの合意を守るべきだと反発している。
今週に入ってからは、核開発を加速する方針を強め、挑発を更にエスカレートさせている。

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!