「ゆとり世代」の次世代にあたる「さとり世代」がサラリーマン社会で物議を醸し出している。

4月も早速、新人に矛先が向いた。いわく、今年の新人は「さとり世代」。生まれた時から不景気を見て育ったためか、節約を美徳とし、出世や高い給与も求めない。ついでに恋愛にも淡泊で、意味のないことをしたがらない......などと評されている。

その一方で、今月1日には、雇用延長を義務化する法律が施行。高い賃金で会社にしがみつく高齢者を「老害」と呼ぶ声も上がった。

≪ 2013年4月8日 TomoNewsJPより引用 ≫

ちなみに、この「さとり世代」という言葉が最初に登場したのは2010年1月頃だとか。
元日経新聞記者の故・山岡拓さんの著作「欲しがらない若者たち」を取り上げたスレッドが2ちゃんねるで立ち、その中の1人が「さとり世代」とレスを書き込んだのが発端らしい。
参考ページ: 「欲しがらない若者」 ビジネスパーソンが今の若者に違和感(レス36)

その後、掲示板の創設者で元管理人の西村博之さんがツイッターで「さとり世代」とつぶやき、ネットで拡散したそうな。

あなたは「ゆとり世代」「さとり世代」のことをどう思う?
興味のある方は、TomoNewsJPのほうでコメントをしてみてはいかがでしょうか(o^ー')b

「ゆとり世代」を即戦力にする5つの極意

生きづらいのは「ゆとり世代」だから、と思っている君たちへ

上司泣かせのゆとり世代戦力化作戦―「6つの凡事徹底」で、困った部下が変わる!

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!