「答弁する際、ヤジは気になる」――9日、衆院予算委員会で、安倍晋三首相はそう語った。

苦言の矛先は、民主党の長妻昭元厚生労働相だ。彼をやり玉に挙げたのは、同じ野党である維新の会、東国原英夫衆院議員。

長妻氏は、「ヤジ将軍」と呼ばれる自らのスタイルに、与野党から挟み打ちを食らった格好である。

しかし、何も彼に限ったことではなく、議員のヤジは、「議場の花」として、当たり前のように受け入れられてきたことだ。

これを一つの戦略として見る向きもあるが、一方で多くの人が見苦しく感じているのもまた事実。

そもそも、議場でのヤジは国会法でも禁止されている、れっきとした「違反行為」なのだから。

≪ 2013年4月10日 TomoNewsJPより引用 ≫

確かに国会での“ヤジ”は見ていて見苦しい上にどこか滑稽にすら見えてしまう。
中には顔を鬼のように真っ赤かにして怒鳴り散らす奇特な人も(笑)
ま、少なくても野次を飛ばす本人は、有効だと見込んでのことだろうけど・・・。

しかし、議論と喧嘩を完全に履き違えている議員が多いよね。
に加え・・・。議場でのヤジが「違反行為」だったとは・・・。Ωヾ(◇ ̄ ) へぇ~へぇ~

あなたは「国会のヤジ」意味はあると思う?
興味のある方は、TomoNewsJPのほうでコメントをしてみてはいかがでしょうか(o^ー')b

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!