パソコンや携帯、スマホ、テレビなどの見過ぎで目が疲れていませんか?
目の健康のためには日頃からの習慣が大事であり、適切な対策がとてもが大切です。

私たちのところには、パソコン業務で目がひどく疲れてノイローゼになりそうだとか、実際にノイローゼやうつ病になってしまった患者さんが、10年ぐらい前からそれこそ毎日といってよいぐらい来るようになりました。

最近メガネを扱う各社から、「パソコン用メガネ(ブルーカットグラス)」が発売されていますが、眼科医としても、この流れには賛成です。

現代は、目にとってものすごく不健康な時代です。パソコンを使って仕事をすると、ものすごく目が疲れますね。紙で仕事をしても目は疲れますが、ここまでは疲れません。これは一体なぜでしょうか?

私の考えはこうです。パソコンは「可視光線(いわゆる「光」)」を発しています。可視光線を感じると、瞳が収縮します。瞳が収縮しているということは、瞳を収縮させる筋肉である瞳孔括約筋(どうこうかつやくきん)を常時使っているということで、当然瞳孔括約筋がものすごく疲れます。この瞳孔括約筋の疲れ自体を私たちは目の疲れと感じているのではないかと私は考えています。(←証明が困難なのですが、2009年に立てた仮説です。眼科診療の経験上ではおそらく合っていると感じています。)

■将来的に高まる「黄斑部変性症」のリスク
目が疲れるぐらいならまだ良いのですが、将来的な目の病気も気になります。可視光線の中には網膜にとって有害な光と無害な光がありますが、我々パソコンを使っている世代は、知らず知らずのうちに有害な光を網膜に浴びてしまっているので、将来「黄斑部変性症(おうはんぶへんせいしょう)」になるリスクが高くなっていると考えられます。近い将来では、黄斑部変性症の前症状であると言われる「中心性漿液性網脈絡膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいもうみゃくらくまくしょう)」の増加も心配です。

≪ 2013年4月17日 All Aboutより引用 ≫

現代人にとって、パソコンや携帯、スマホ、テレビなどは必要不可欠なものとなりました。
だからこそ、その対策として「パソコン用メガネ」を用いるのは、とても適切だと思います。

パソコンやスマホなどを普段からよく見る方は、PC用メガネで保護することをオススメします。

パソコン用 メガネ pc用メガネ ブルーライト メガネ ブルーライトカット【スクエアタイプ】シンプルデザインおしゃれな黒ブチ!PC用メガネパソコングラス

PC Glasses:Protect The Eyes - ブルーライト約54%カット!仕事場や自宅で使えるPCメガネ UV400 パソコンメガネ パソコン用メガネ (ブラック)

【JINS PC スクエア ハイコントラストレンズ】PC(ディスプレイ)専用メガネ (度なし)(BLACK)

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!