ガソリンスタンドの営業所長らを殴って負傷させたとして、兵庫県警は23日、ボクシングの元世界スーパーフライ級王者の徳山昌守容疑者(38)=大阪市西区南堀江1丁目=を傷害の疑いで逮捕し、発表した。

三田署によると、徳山容疑者は22日午後6時15分ごろ、同県三田市南が丘2丁目の市道で、近くのガソリンスタンドの男性営業所長(53)と男性客(24)の顔を拳で数回殴るなどし、軽傷を負わせた疑いがある。

所長が男性客の車を市道に誘導した際、市道を走行していた徳山容疑者の車とぶつかりそうになり、トラブルになった。徳山容疑者は調べに対し「急ブレーキをかけた時、後部座席の子どもが前のシートにぶつかったため、かっとなった」と話しているという。

≪ 2013年4月23日 朝日新聞デジタルより引用 ≫

時折、元プロボクサーによる事件が起こる。
それは暴力沙汰か、恐喝の類が圧倒的に多いように思える。

闘争本能が働く為なのだろうか?それとも別の要因があるのだろうか?
どちらにしても真面目に頑張っている他の選手には、迷惑も甚だしいところだ。
このような不祥事が続くのであれば、プロボクシング自体の存続が危ぶまれるだろう。

徳山 昌守(とくやま まさもり)

本名: 洪昌守(ホン・チャンス)

生年月日: 1974年9月17日

出身地: 東京都大田区

国籍: 朝鮮籍であったが、現在は韓国籍に変更

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!