俳優で歌手の嶋大輔が25日、都内で「芸能界引退記者会見」を開催し、同日をもって芸能活動をやめ、政治家を目指して活動することを発表した。

嶋は、1981年にロックバンド横浜銀蠅の弟分としてデビュー。82年にはドラマ「天まであがれ」の主題歌『男の勲章』が大ヒット。32年間に渡り、映画・テレビ・ドラマをはじめ芸能界で活躍してきた。

スーツ姿で会見場に登場した嶋。「今日を持ちまして、32年間お世話になりました芸能界を引退させていただくことになりました」とあいさつ。

嶋は、2児の父親として暮らしてきた中で、2011年に発生した東日本大震災を経験した。「いてもたってもいられない」気持ちになり、志を同じくする仲間たちと「何かを変えていこう」と確認し合ったことを明かした。いじめを撲滅するための活動などをしているが、「自分の中で何かが足りないと感じ、だったら自分が表に立ってできること、やっていけることというのは政治の活動ではないかと志すようになりました」と政治家を目指すようになった経緯を明かした。

芸能界引退は、芸能活動と政治活動という「二足のわらじ」を履くと、どちらかの活動を犠牲にしなければならなくなるケースの発生が予想され、また、自身の不器用という性格も考慮する中で、決断したという。

今後の活動については、「個人の嶋大輔で全国を回って、施設なり、学校なりでお話を聞きたい」と語った。フェイスブックなどを通して、自身の考えを発進することが「(今後の)自分の仕事」とも。

一部報道で持ち上がった、夏の参院選への自民党からの出馬の可能性については、「白紙」と回答。現在、自民党を含め、政党から出馬の打診らを受けていることはなく、自ら政党へコンタクトを取っていることもないことを説明した。芸能界引退について、芸能界の先輩であり、個人的にも交流があるという自民党の三原じゅん子参院議員をはじめ、芸能界と政界で、相談した人はいないことを語った。

≪ 2013年4月26日 リアルライブより引用 ≫

不器用では、政治家を務めるには難しいような気もするが・・・。
しかし、それを逆手にとって強みとして生かせれば、政治家、嶋大輔も悪くないかも。

嶋大輔、芸能界引退会見

男の勲章(Rap Version)

嶋大輔 パーフェクト・ベスト

大人の勲章

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!