シンガー・ソングライターの長渕剛(56)が、体調を崩したため4日から予定していたファンクラブツアーの一部を6月以降に延期することが1日までに分かった。

先月中旬から腹痛と体のだるさを訴え、先週通院したところ「急性胃粘膜障害、及び食道けいれん症、不整脈により1か月の休養を要する」と診断された。現在は自宅で療養しているが、回復が思わしくなければ入院の可能性もあるという。

8年ぶりの詩画展(3月20日~6月2日・東京、鹿児島など5都市)に向けた準備、新曲「未来」(22日発売)の創作活動に没頭し、走り続けた長渕の肉体が悲鳴を上げた。

先月中旬から腹痛を感じ始めた。病院では胃の粘膜障害と食道けいれん症とされ、不整脈も見つかり全治1か月と診断された。4日から全16公演のファンクラブツアーが組まれているため、自宅で療養し、復帰を目指したが4月26日に、序盤の9公演を6月以降に延期することを決断。この日振り替えの日程を発表した。昨年8月には左膝じん帯損傷の大けがを負いながらもコンサートに強行出演するなど、ファンとの交流を大事にする長渕にとって、コンサート延期は異例の事態だ。

毎朝の筋力トレーニングなどストイックに肉体を鍛え、酒、たばこも控えている長渕。56歳とは思えない若さを誇り、食生活に乱れがあったとは考えにくく、アーティストとして良い作品を追い求めたことによる過労とストレスが原因と考えられている。

≪ 2013年5月2日 スポーツ報知より引用 ≫

テレビ番組「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングにゲストとして登場したゆずの北川悠仁と岩沢厚治も彼の体調不良を心配していた。

そして、出演したゆずの二人がその事実を同番組司会のタモリに伝えると「えっ、長渕くん…体の調子が悪いの?」と驚いた様子を見せるなど、初耳だったようである。
その後も「長渕くんが…」と心配していた。長渕剛とは「ミュージックステーション」で何度か共演しており、同じ九州出身ということもあって気になったのだろう。

落ち込んだときや後押しが欲しいときなど、長渕の歌声、或いは生き様に勇気づけられた方も多くいることでしょう。
そして、弱い自分、正直な気持ちに真正面から向き合って創り上げられる作品は、多くのファンの心を掴んで離しません。

しかしその正直な生き方ゆえに、アンチ長渕がいることも仕方のないことである。

ところで、女優であり妻でもある「志穂美悦子」は、この事態をどう捉えているのだろうか。
これは推測だが、数々の修羅場を潜り抜けてきただけに、平常心で事実を受け入れているに違いない。

ファンクラブツアーの公演を待ち望んでいたファンにとっては非常に残念な事態となったが、一刻も早い回復が望まれます。

【重要】長渕剛 ファンクラブ・ツアー チケット振替に関するお知らせ

《振替公演日程》※会場の変更はありません
【中止公演】【振替公演】
(1) 5月4日(土) 鹿児島・宝山ホール→6月29日(土)
(2) 5月9日(木)・10日(金) 東京・Zepp Tokyo→7月17日(水)
(3) 5月17日(金) 名古屋・Zepp Nagoya→7月25日(木)
(4) 5月20日(月)・21日(火) 大阪・Zepp Namba→7月10日(水)
(5) 5月27日(月)・28日(火) 仙台・イズミティ21→6月24日(月)
(6) 5月30日(木) 札幌・Zepp Sapporo→7月4日(木)

≪ 2013年5月1日 LIVE ONより引用 ≫

参考ページ: 【重要】長渕剛 ファンクラブ・ツアー 振替公演のお知らせ

熱き魂の男 「長渕剛 詩画展」 インタビュー

未来

Stay Alive (初回限定盤)(DVD付)

BEST~風~

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!