タレントで女優の優香が6日、ワーナー・マイカル・シネマズ板橋で行われた主演映画『体脂肪計タニタの社員食堂』の完成披露試写会に出席し、劇中で特殊メイクによって大変身した自身の太った姿に「意外といいんじゃないかって思っていました」とノリノリだったことを明かした。

世間にブームを巻き起こした健康機器メーカー「タニタ」の社員食堂を題材に、ダイエットに挑戦するポッチャリ社員と元ポッチャリの落ちこぼれ栄養士・菜々子(優香)の奮闘をコミカルに描いた本作。優香は、ハリウッドでも使用されているシリコンを大量に取り寄せ、毎回4、5時間かけて特殊メイクを施し、太った姿に変身して演技に挑んだ。

そんな優香の太った姿は周りから「似合う」と可愛がられていたそうで、優香が「意外といいんじゃないかって思っていました」と無邪気に振り返ると、同席していた李闘士男監督が「衝撃映像になりそうで、事務所からクレーム来たらどうしようって思いました」と冗談めかして会場の笑いを誘った。

また、本作は優香にとって実に7年ぶりの主演映画。久しぶりの現場に緊張して臨んだことを明かしつつも、「明るい現場で李監督ともずっと話していたし、同世代も多いので、ご飯を食べに行ったりゲームをしたり……」と和気あいあいとした撮影となったことを回想。セクシーな看護師役で壇蜜も出演しており、「檀蜜さんのセクシー写真集を見て、みんなで興奮して撮影に行ったりしました」と撮影のひとコマを振り返った。

≪ 2013年5月8日 シネマトゥデイより引用 ≫

社運を賭けたダイエットプロジェクト。
以下は、「体脂肪計タニタの社員食堂」のあらすじ。

「体脂肪計を作る会社の社員がデブでどうする!」

健康計測機器メーカー、タニタの社長の一言をきっかけに、そのとんでもないプロジェクトが始まった。ヒマン体形で気弱な二代目副社長と、体脂肪率40%以上にして危機感ゼロの3人のお気楽社員"ヒマン・スリー"に下された史上最悪の業務命令。 それは、新商品発表会を賭け、社運まで背負わされてしまったダイエット!

「僕ってそんなに太ってるかな?」「私はデブじゃない、ポッチャリなの!」「まあ、会社の命令ならやるけど…」。イヤイヤながらプロジェクトに取り組むハメになった彼らは、就職浪人中の栄養士・菜々子の指導の下、ダイエットにチャレンジするが…。

果たして彼らは、見事ダイエットに成功し、リベンジできるのか? その波乱の道のりやいかに?

この奇想天外な痛快エンタテインメントは、タニタが社員の健康維持のために作ったタニタ食堂にまつわる事実をベースに誕生したという。

笑いあり、せつなさあり、終盤にはホロリとさせられる感動が待ち受けている。
近頃やる気が湧かない・・・。ちょっぴり後押しが欲しい方は、劇場へ脚を運んでみるのもいいかも。

『体脂肪計タニタの社員食堂』予告編

映画「体脂肪計タニタの社員食堂」の完成披露&舞台挨拶

体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~

小説 体脂肪計タニタの社員食堂 (角川文庫)

優香 to [DVD]

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!