飲食店の情報サイト「食べログ」に事実に反する内容が投稿され、来客が激減したとして、飲食店などを経営する札幌市の会社が8日、サイトを運営する「カカクコム」(東京都)に対し、店の情報の削除と損害賠償220万円を求めて札幌地裁に提訴した。

訴状などによると、同社は昨年2月ごろ、札幌市近郊の店の情報を食べログに登録。今年3月ごろ「出てくるのがおそい」「まずい」などとの投稿が掲載されたため、メールで同社に店の情報の削除を3、4回要求。だが、同社は「内容に違法性がないので削除には応じられない」として拒否したとしている。

原告側の高森健弁護士は「掲載を拒絶する店の情報を掲載し利益を上げるのは不正競争にあたる。真偽を問わない口コミを投稿させる状態は営業権を侵害し、違法だ」と話している。

カカクコムは「訴状が届き次第、適切に対応する」としている。

≪ 2013年5月8日 毎日jpより引用 ≫

何かを求めるとき、他の意見を参考にするのは当然のことだろう。
しかしそれが全てだと判断するのは盲目的思考であり、リスクが伴う。

ある意味で、これだけの影響力を持つサイト(食べログ)ともなれば、「集客」などを謳い文句にする業者も入り込んできて、場合によっては湾曲された情報が紛れ込むことは十分に考えられる。

勿論、全ての情報が間違っているということではない。
やはり意見はあくまでも参考程度に留め、最終的には自ら出向いて真相を確かめる必要があるだろう。

飲食店食べログ集客セミナー

集合知を運営する/価格.com 遠藤靖幸氏

食べロググルメ出張東京名古屋京 (ゲインムック)

誰も書けなかった ネットビジネス13兆円の危険な錬金術 (別冊宝島1867)

価格.COM 賢者の買い物

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!