懲役3年6カ月の実刑となり、昨年3月末に東京高等検察庁に出頭した押尾学(35)。5月6日、彼は刑務所の独房で35歳の誕生日を迎えた。

彼はいま、刑務所のなかでどのような生活を送っているのかーー。
 収監1年を前に、本誌は獄中の彼に文書で取材を申し込んだ。そして文書を送ってから1か月半。A4版便箋4枚に綴られた、押尾からの手紙が返ってきた。

本誌が文書で送った質問に、彼は丁寧に回答を寄せた。ここでは刑務所の独房で綴られた『押尾の告白』の一部を公開する。

ーー刑務所での一日のスケジュールは?
「(午前)4時30分起床、5時工場で作業開始、18時過ぎに作業終了。その後入浴。
18時50分ぐらいに部屋(に戻り)、20時55分まで一人の時間。一日の時間が長いけど、とても忙しいから一日が早く終わる感じがします」
消灯・就寝は午後9時という。孤独な夜は長いようだ。

ーー独房の様子は?
「部屋の居室面積は5・7平米。独房。ものすごく古い部屋。トイレが長方形の木のトイレでものすごく臭い。畳もボロボロで虫がいっぱい。洗面台の排水溝から大量の小バエが発生してきて汚い」
 劣悪な環境は衛生面だけではない。彼がすごす独房には、もちろん冷暖房もない。

ーー刑務所での作業は?
「体力、気力が一番過酷と言われている炊場工場です」
 炊場工場とは、収監されている受刑者の食事を作る土日も休みの無い工場だ。ほかの工場作業に先駆けて、午前5時から朝食作りが始まる。そんな厳しい作業を担当させられているという。

≪ 2013年5月13日 女性自身より引用 ≫

上記の他、「余暇の過ごし方は?」「休日の過ごし方は?」「現在の体重、そして体調は?」「出所したら、まずしたいことは?」「出所後の人生計画は?」「事件についてあらためて思うことはありますか?」などの質問に対し、回答を寄せているという。

これに対し、ネットでは以下の声がある。

■芸能界はもう無理でしょ

■全く反省してないな。被害者意識だろ未だに

■マジでこんな刑務所あるの?

■刑務所ってこんな大変だったっけ?
ホリエモンはあっけらかんとしてたけど

■今じゃ、女のavだってあるんだぜ。
av男優としてがんばれ

■まだ虚言癖は治ってないみたいだな

■なんで被害者ヅラしてんの?
独居房なだけで、かなり優遇された生活じゃん

■「芸能界には戻らない」って酒井法子も言ってたな。 同じ臭いする。

■押尾、スゲー経験してんなぁ・・・
恵まれた俳優業、芸能人からだもんなぁ。
すごいきついはずだわ。

■色々知ってるだろうから闇を暴露して欲しいね。

お塩先生と揶揄される彼には、出所後も厳しい洗礼が待ち受けていると考えられる。
どちらにしても、愛息子「りあむ」のために、しっかりと更生してもらいたいものだ。

週刊朝日 2009年8月21日 堀北真希 酒井法子 押尾学

週刊朝日 2009年8月28日 市原隼人 押尾学

汚れた代紋 〔完結編〕 [DVD]

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!