2009年に亡くなったマイケル・ジャクソンさんの娘、パリスさん(15)が自殺未遂を起こした。

6月5日午前1時27分、消防はパリスさんの自宅から「15歳の女の子が鎮痛解熱剤モトリンを20錠飲み、手首を切った」との通報を受けて急行。しかし命に別条はなく、その後の容態も安定している。

母のデビーさんはテレビで娘の自殺未遂を認め、代理人の弁護士は「多感な時期でもあり、肉親を亡くしたのだからなおさらだ」とコメントを発表した。

≪ 2013年6月6日 TomoNewsJPより転載 ≫

お兄ちゃんのプリンス君は、TVレポーターのデビューを果たして話題になっていましたね。
そんな中、自分の進路について思い悩んでいたのかも知れません。私はどこに進めばいいのかと・・・。

1年前のパリスちゃん
lvd413
あどけなさが残る初々しい姿ですね。

そして、現在のパリスちゃん
lvd414
心境の変化があったのでしょう。

もしかして、父と同じ「ビッグなロックスター」を目指していたのでは?
しかし、父を超えるだけの力が自分にはあるのかと、そう思い悩んだのかも知れません。
偉大なスター「マイケル・ジャクソン」を父に持った運命というか・・・。ちょっと可哀想ですね。

ちなみにマイケル・ジャクソンは、自身の母親と子供3人には遺産を残しており、2人の元妻、8人の兄弟姉妹と父親には一銭も遺していないそうだ。
パリスちゃんはそれを肌で感じていたのか、マイケルの追悼式では、「生まれた時からずっと、ダディはこれ以上ないくらい最高な父親でした。すごく愛してるわ」とスピーチし、泣き崩れたという。

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!