政府は今月の12日、アベノミクスの三本目の矢となる「成長戦略」をとりまとめた。

成長戦略にはとりまとめの最終段階で「思い切った投資減税で法人負担を軽減」し、「積極姿勢に転じた企業を大胆に支援していく」という文言が加えられ、企業の競争力強化を強く後押しする姿勢が打ち出された。

投資減税などの具体的な制度設計については、通常、年末にまとめられる税制改正の議論を、秋に前倒しする方針。

≪ 2013年6月13日 日テレNEWS24より引用 ≫

なんだろ、三本目の矢って?
詳しく調べれば意味理解できなくもないけど、やっぱわからん。

大会社の幹部連中や政治家、偉い人たちだけが理解してる?
限られた一部の富裕層にしか理解できなければ意味ないんだからね。

よく、小学校5年生を目安に説明する必要があると聞く。
果たして、この三本目の矢を子供は理解できているのだろうか?
いや、社会人である大人でも本当の意味を理解できているのだろうか?

もし理解できていなければ、三本目の矢って、ただのお化けじゃん。
一部の特殊な能力を持った霊能者にしか見ることのできない、お化けじゃん。

それに・・・。
お化けって、夏の蒸し暑い日には重宝されるけど、後はさっぱりだよね。
キャー!コワイー!って、物珍しく騒がれて・・・。それで、あとは出番なし。

妖怪「三本目の矢」w

今回の「成長戦略」のとりまとめが、夏の風物詩のお化けのようにならないことを祈りつつ・・・。

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!