このフォルム、いかにも燃費がいいですよ~って感じ。
それもそのはず、燃費が、な、なんとリッター553Kmですって! 驚きですね。
と、いうことで・・・。
米ブリガム・ヤング大学の生徒たちによって開発されたスーパーカーをご覧ください。

lvd52

テクノロジーとエンジニアリングの生徒たちが、1人乗り4サイクル・エンジンのスーパー燃費車を、大学同士で競うイベントがある。米ブリガム・ヤング大学のこの車は、そんなSAE主催の燃費コンペの為に開発されたもの。イベントでは“水をひと口飲むぐらいの分量”だという20gの燃料が規定とされ、燃費を試すために定められた平均速度は、時速24Km。各スーパーカーは16Kmのトラックを一周し、燃料がどれだけ減ったかを調べた。

そして見事トップに躍り出たのは米ブリガム・ヤング大学のスーパーカーで、その燃費は驚異のリッター553Km! この車のボディはとてつもなく軽量化され、たったの45kgなのだとか。しかしキャッチはこれだ。そのトップスピード、なんとオドロキの鈍速40Km/h!! 見てくれはいかにも瞬速そうなのに、おそい…おそすぎる…! トップスピードだけを考慮すればロードバイクの方が格段に速いというシロモノである。…しかしこれは燃費を競うもので、スピードを競うものではないので、ここはカメの歩みを納得していただきたい。

≪ 2013年6月17日 IRORIOより引用 ≫

トップスピードが時速40Km?
これなら自足で10Kmのほうがいいなw うまい!d(´д`o)♪

参考ページ: 【燃費リッター553Km】驚異のスーパーカーが爆走(?)中!

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!