栃木県栃木市の市立小学校で、いじめに関するアンケート実施の際、いじめの申告件数が多くならないよう、教諭が児童を指導したうえで、回答させていたことが7月10日の報道でわかった。

アンケートは、市がいじめの実態を把握するため、市内の全小中学生を対象に無記名で行われているもの。同小では7月4日に実施されたが、3年生を担当する30歳代の女性教諭は、アンケート記入前、クラス全員に「みんながしているからかいはケンカ。いじめと書くと多くなるので書かないように」と指導。

また、女子児童の1人が、今年4月に同級生から鉛筆で腕を刺されたとして「いじめあり」の欄に丸印をつけていたが、アンケート回収後、女子児童と面談し「1回の暴力はいじめではない」などと説明し納得させたうえで、「いじめではない」の欄にも丸印をつけ、さらに「担任としていじめではないと判断する」と加筆していた。

≪ 2013年7月10日 TomoNewsJPより転載 ≫

いじめの事実があると、担任として色々と不利になるんだろ?
教師といえど人間。だから厄介なことに関わりたくないのはわかるけど・・・。

だからといって自ら率先して、隠ぺいするという悪質な行為を児童に教えてはダメでしょ。
自分を犠牲にしてまで良いことをしろとは思わない。しかし、悪いことをするのはやめましょうよ。

1月からスタートしたTomoNewsJapanは、登録数1万3000人以上の一大チャンネルに成長。
そんなTomoNewsが日頃の感謝を込めて、上半期のニュースを生放送で皆様にお届けします。
ナレーションに合わせてキャラクターの表情が変化する特殊技術にもご注目!そして・・・
司会はなんと、安倍晋・・・。あ、いやいや!あべしんこちゃんですw 面白いよ♪ Σ【◎】ω ̄*)パシャッ

本日、7月11日(木) 夜9:00~
こちらのURLをチェック: http://www.youtube.com/TomoNewsJP

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!