国内初の実験は予想外の効果を生んだようだ。都市再生機構(UR)が東京都町田市の町田山崎団地で9月下旬から続けてきたヤギ4頭の除草実験が11月29日に終えた。

住民からは当初、ふんの臭いなどを心配する声があったが、日中はひたすら雑草を食べ、夜はテント小屋で過ごす、穏やかなヤギたちは次第に住民に溶け込み、人気者に。

2カ月間でおよそ5000平方メートルの雑草をほぼ食べ尽くしたヤギは「任務終了」となったが、住民の間からは「さびしい」と記された張り紙や自治会長あての手紙も届けられたという。住民の心をつかんだヤギ、29日には住民とのお別れ会も開かれた。URでは今回の実験を受けて、今後各地の団地へのヤギ導入を検討するという。

≪ 2013年11月30日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!