携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」で裸を撮影されるいじめを受けたとして、茨城県守谷市の小学6年の男児が同級生7人とその保護者に、慰謝料1千万円を求める訴訟を起こした。

男児の両親が12月3日に記者会見したところによると、男児は2012年春から2013年9月にかけて、同じハンドボールクラブに所属した同級生からズボンを脱がされるいじめを受けていた。9月7日には全裸にされた後、3DSのカメラ機能で動画撮影をされ、下半身の写真を撮られたという。

同級生の1人がその写真を3DSの無料ソフトを通じて男児と他の少年2人に送信していた。わいせつな写真がやりとりされることがこれまでにも発生していたため、任天堂は11月からこの無料ソフトのサービスを停止している。

≪ 2013年12月3日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!