マルハニチロホールディングスは12月29日、子会社のアクリフーズの工場が生産した冷凍食品の一部から、農薬を検出したと発表した。

この工場で生産された商品は賞味期限に限らず、すべて自主回収するという。両社は同日、東京で記者会見を開き、最初に客から「食品から異臭がする」という申し出を受けたのが11月13日にも関わらず、公表が1カ月半以上経過したことについて「群馬工場が9月に工事をしたことから、ペンキなどの臭いが移行したと判断した」と釈明した。健康被害の報告はないが、子どもがミックスピザを食べた後に異臭を感じて吐き出した例が1件あったという。

外部検査機関に調査を依頼した結果、一部から残留農薬の基準の150万倍の農薬「マラチオン」を検出。マラチオンは、有機リン系の殺虫剤の一種で、主に農耕地のアブラムシなどの駆除に使用されているが、急性毒性は低いとされている。両社によると、自主回収の対象となるのは、アクリフーズの群馬工場(群馬県大泉町)が生産した冷凍食品90品目、約630万食。現在のところ原因が特定できず、工場ではこの農薬を使用していないことから、両社は警察に相談し、人為的な混入の可能性も含め、原因の究明を急いでいるという。

≪ 2013年12月30日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!