愛知県春日井市で猟銃を所持している50代の男が自宅アパートに立てこもった。

1月24日午後5時10分頃、男の元同僚の女性から「男が自殺をほのめかしている」と110番通報があった。猟銃の所持許可がある男は部屋に立てこもり、警察が女性を通じて説得にあたっていたところ、午後8時16分に発砲音が聞こえたという。このため、近くに住む住人100人以上が近くの公民館などに避難した。

約14時間後の25日午前7時19分、説得に応じて部屋から出てきたところで警察は男を任意同行した。男は「借金などで悩んでいた。誤って散弾銃を撃った」と釈明したという。男は散弾銃3丁と空気銃1丁を所持許可を持ち、自室で保管していた。

≪ 2014年1月25日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!