「全聾の作曲家」として知られる佐村河内(さむらごうち)守氏(50)が、別の人物に作曲を任せていた問題で、ゴーストソングライターを務めていた桐朋学園大学の非常勤講師、新垣(にいがき)隆氏(43)が2月6日午後、東京都内で記者会見を開いた。

新垣氏は会見で自らを「共犯者」と話し、「障害をお持ちの方、彼の言葉を信じて曲を聴いていた方々、演奏家の方々に本当に申し訳ない」と謝罪。「18年間で20曲以上書いた」とし、「700万円前後」の報酬を受け取っていたことも告白した。新垣氏が譜面を書きピアノに録音、それを佐村河内氏が聴いて意見するというかたちで作曲が行われていたとのことで、新垣氏は「(佐村河内氏の)耳は聞こえている」と主張。また、佐村河内氏は楽譜も書けず、ピアノも初歩的な技術のみだと説明した。

新垣氏は「好きな音楽で世間を欺きたくない」と考えるようになり、過去に何度か「やめたい」と伝えたが、佐村河内氏からは「曲を書いてくれなければ自殺する」と脅されたという。そんな中、フィギュアスケートの高橋大輔選手が、ソチ五輪で新垣氏作の楽曲を使用することを知り、五輪後に事実が発覚した場合の影響を考え、公表を決意したことを明らかにした。

≪ 2014年2月6日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!