火災予防のパトロール中に消防車から火のついた爆竹を投げたとして、警察は2月7日、消防団員の男性会社員(31)を書類送検した。

男性は2013年12月26日夜、愛知県みよし市内の消防団詰め所で他の団員と食事や飲酒をした後、消防車2台で市内をパトロール。同日午後10時50分ごろ、同市内の県道で、信号待ちをしていた際、男性は消防車の後部座席の窓から爆竹に火を付けて後方の地面に放り投げ、破裂させた疑いがもたれている。

運転手は酒を飲んでいなかったという。前方を走っていた車の女性が降車して注意したが、走り去ったため車のナンバーを控えて110番通報。男性は警察の調べに対して「後ろの消防車を驚かせようとした」と供述しているという。

≪ 2014年2月8日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!