あの盛り上がりはどこへ行った!? 東京都知事選挙の投票が2月9日に行われ、投票率が前回を大きく下回った。

東京都選挙管理委員会によれば、午後7時30分時点での推定投票率は34.14%。前回の数字は47.97%で、約14%も低い。最終的な投票率はまだ発表されていないが、期日前投票と合わせても50%に届くか届かないか...という数字だ。8日からの積雪が有権者の出足に影響したとみられるが、ネットで声高に主張していた人たちの熱意は、雪程度で簡単に消え去ってしまうものなのか。あるいは、ネットで騒いでいたのは極々一部の人間に過ぎなかったのか......。

各テレビ局の出口調査によると、有力候補と目されていた舛添要一氏が圧倒的な得票差で当選確実となったようだ。結局無難なラインで落ち着いた今回の選挙。ネットで政治を叫ぶ人たちの勢力がいかに小さく、限定されたものであるかを浮き彫りにする形となった。あれもこれも、ぜんぶ雪のせいだ!

≪ 2014年2月9日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!