仮想通貨「ビットコイン」取引の仲介会社「Mt.Gox(マウントゴックス)」公式ホームページが閉鎖状態になっている。

同社は東京都渋谷区を拠点に運営を続けていたが、システムエラーを理由に2月7日から一部取引を停止。顧客には復旧作業を進めていると説明していた。しかし、25日の午後、同社のホームページへのアクセスが不能に。26日未明からは「サイトと利用者保護のため、当面、すべての取引停止を決めた」という内容のコメントが英文で表示されるようになったが、現在も操作できない状態が続いている。

同社のカーベレス最高経営責任者は「事業が転換期に差し掛かっているが、現時点ではこれ以上のことは明らかにできない」とコメント。同社には約110万人の口座利用者がいるが、ビットコインを使うことや、日本円などへの換金は不可能なままになっている。

≪ 2014年2月25日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!