2009年の首都圏連続不審死事件で、3人の男性を殺害したとして一審で死刑判決を受けた木嶋佳苗被告(39)が、今年1月にブログを開設していたことがわかったと、週刊文春が2月27日発売の最新号で報じている。

記事によると、週刊文春の記者と手紙のやりとりをしていた木嶋被告は、記者への手紙の中でブログの開設を報告。開設の理由について、面会した記者に「支援者の存在を証明したかった。ブログの更新は、外部の協力がなければできないことですから」と説明していたという。「木嶋佳苗の拘置所日記」と題されたブログには27日現在で14本の記事が掲載されている。

一般の読者からの質問にも「できる限り答えていこうと思っています」とあり、メールアドレスや拘置所の住所も明記。なお、質問への回答は「直接郵送で手紙を下さった方を優先します」とのこと。木嶋被告は一審の死刑判決を不服として控訴、3月には控訴審判決が言い渡される予定となっている。

≪ 2014年2月26日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!