映画やテレビで活躍した俳優の宇津井健が3月14日、慢性呼吸不全のため82歳で亡くなった。

宇津井さんは昭和28年の銀幕デビュー以降、二枚目俳優として数多くのテレビや映画で活躍。TBSのドラマ「ザ・ガードマン」では、市民を守るため奮闘する部下を率いる隊長役が人気を呼び、長寿番組に。パニック映画「新幹線大爆破」では、運転指令室長役で犯人や新幹線運転手との緊張感あるやり取りを熱演。大映テレビ制作のドラマ"赤いシリーズ"では、山口百恵の父親役として絶大な人気を得た。

また、テレビCM「大正漢方胃腸薬」の2代目"ミスター漢方"としても、お茶の間でおなじみに。2006年からは、TBS「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」に出演し、藤岡琢也さんが病気降板した後の岡倉大吉役を最後まで務めた。関係者によると、最近は肺気腫を患い、入退院を繰り返していたという。14日午後6時5分、慢性呼吸不全のため名古屋市内の病院で死去した。

≪ 2014年3月14日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!