「子殺しの 母が涙で 舌を出す」......産経新聞のウェブサイトに、遺体遺棄事件の被害者を中傷する内容の川柳が掲載されていることがわかった。

これらは、ベビーシッターのマンションで亡くなった山田龍琥ちゃん(2)の母親を取材した記事に寄せられたもの。記事は3月18日に掲載されたもので、読者がコメント感覚で自由に川柳を投稿できるようになっていた。投稿規約には、他人を侮辱、揶揄する内容を禁じる一文があるが、21日午後9時現在もこの川柳は削除されていない。

産経新聞にとって、この川柳は「侮辱にはあたらない」という判断のようだ。確かに母親にも過失はあったかもしれないが、それよりも糾弾されるべきは、保育所の不足や、利用サイトの安全管理だろう。子を失った母親をよってたかって中傷する読者と、それを放置する新聞。弱い者イジメで視聴数を稼ぐやり口は、下衆の極みと言うほかない。

≪ 2014年3月22日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!