「日本一低い山」として知られていた大阪市にある「天保山(てんぽうざん)」が、宮城県仙台市にある「日和山(ひよりやま)」に低い山日本一の座を奪い返されたと4月9日、一部メディアが報じている。

ここ18年あまり、日本一低い山として、大阪市港区にある標高4.5mの「天保山」が知られていた。かつては宮城県仙台市にある日和山が低い山日本一だったが、地盤沈下の影響で天保山に抜かれ、6.05mで日本第二位の低山だった。そして、2011年の東日本大震災で津波の被害を受けた日和山は、すでに消滅したとみられていた。

山周辺は震災で荒れ地状態になり、現在はやや盛り上がった土地の上に、市民が積んだ石と「日和山」の看板が立っているのみ。しかし、国土地理院は改めて被災地沿岸の地形を測量し、日和山を3mの「山」と確認。最新の電子版地図には他の山と同様、斜体字で表記された。これまで「日本一」だった大阪の天保山は、再び二位へ。また地盤沈下するまで、当分日本一の座はおあずけのようだ。

≪ 2014年4月10日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!