「礼儀知らずの朝鮮人達が、気持ち悪いシールを四国中に貼り回っている」......そんな文面が書かれた張り紙が四国のお遍路各所で見つかり、問題となっている。

この「シール」とは、韓国人の崔さんが2010年からお遍路各地に貼っていた、案内用のステッカーのこと。飲食店の許可を得て、2013年までの間におよそ4000枚を貼っていたという。ところが、崔さんはこのほかにも、電柱や標識などにも、無許可でステッカーを貼っており、2013年には香川県からの注意を受け、「これ以上は貼らない」と約束していた。

崔さん自身にも落ち度はあるが、張り紙の文言は過激で、差別と受け取られても仕方のない表現をしているのもまた事実。また、きちんと許可を受けているものに関しては、剥がす必要もないだろう。そもそもこの張り紙自体、無許可で掲示したもの。なぜわざわざ、自らも法に違反してまで訴える必要があったのか...。

≪ 2014年4月11日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!