アメリカで襲われそうになった一般女性が、プロの殺し屋を殺害し話題となっている。

4月15日の現地報道によれば、女性は8年前、夫婦間のもつれから保険金の受取人をすべて自分名義に変更。すると、夫はプロの殺し屋を雇い、女性を殺害しようと計画した。

ある日、女性が帰宅すると、家には見知らぬ男がいた。女性はすぐに自分が殺されると察知し、自分から先制攻撃。約15分のもみ合いの末、女性はハンマーを手にし、男に「もうやめないか」と持ちかけたが、男は拒否したためハンマーを振り下ろし殺害した。殺し屋を雇った元夫には懲役10年の判決が言い渡された。

≪ 2014年4月17日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!