那覇空港に到着しようとしていたピーチ・アビエーションの旅客機で対地接近警報装置が作動し、着陸をやり直していたことが分かった。

4月28日11時47分頃、新石垣空港から那覇空港に向かっていた252便は、那覇空港に着陸をする際、高度の異常を示す警報装置が作動。機首を上げ、回避行動をとり、約20分後に着陸をやり直した。乗客乗員59人にけが人は出ていないという。

那覇空港の手前7キロ地点では通常、高度約300メートルで飛行するが、当時、同機は高度約100メートルで飛行し、一時は約75メートルまで下がっていた。運輸安銭員会は事故につながりかねないトラブル「重大インシデント」だったとして調査官の派遣を決めた。

≪ 2014年4月29日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!