東京・葛飾区東新小岩で10月20日、小学6年の男子児童(11)が、マンションの11階から誤って転落した。ろっ骨を折る大けがをしたが、命に別状はなかったという。

警察は、転落した自転車置き場の屋根が衝撃を吸収したため、奇跡的に助かった可能性があるとみて調べている。男児は同日午前8時ごろ、集団登校の集合時間に遅れそうになったため、下にいる友人らの様子を見ようと、マンションの外廊下にある柵をのぞき込んだ際、誤って転落。しかし、自転車置き場のトタン屋根が衝撃を吸収したとみられている。

転落に気づいた住民が119番通報。駆け付けた警備員によれば、トタン屋根は陥没し、男児は屋根の上に尻もちをつく形で座っていたという。ろっ骨を折る大けがをして病院に搬送されたが命に別状はなかった。男児は「助かって本当に良かった」と話しているという。

≪ 2014年10月20日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!