“神のため”に少年を殴った……教会での説教を録画した動画がインターネットに投稿され、物議を醸したとして、キリスト教バプテスト派のエリック・ダマン牧師が1月5日に謝罪した。

ダマン牧師は2014年12月、米ニュージャージー州にある教会での説教で、13年前に自身が少年に対してふるった“暴力”について言及。少年が神と真剣に向き合うよう、胸を殴ったと説明したが、インターネット上では、ダマン牧師の行為を非難すえる声が相次いでいる。

TomoNewsの取材に対し、ダマン牧師が現在の心境を語った。

≪ 2015年1月14日 TomoNewsJPより転載 ≫

只今、TomoNewsJPでは「ニュース募集キャンペーン!」を開催しています。
応募方法詳細ページ: ネタハンター

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!