米国の病院ネットワークが中国からサイバー攻撃を受け、450万人分の個人データが盗まれるという、驚きの事件が発生した。2014年8月18日に被害を受けたCommunity Health Systemsが発表した。

漏えいしたのは過去5年間に治療を受けた患者450万人分の名前、社会保障番号、住所などを含む個人情報で、2014年4~6月に盗まれた模様。今回のハッカーは主に、医療機器や設備の開発データのような貴重な知的財産を盗む、技術力の高いグループに属しているとみられている。

≪ 2015年2月20日 TomoNewsJPより転載 ≫

次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!